彼からプレゼントされた家庭用脱毛器

MENU

彼からプレゼントされた家庭用脱毛器

昔付き合っていた彼は私のムダ毛を気にする人でした。
私はムダ毛が伸びていてもあまり気にしない人で、ムダ毛を剃るのなんて時間のムダだって思っていました。
だって、剃ってもすぐに生えてくるでしょ?
彼があまりにうるさいので、ある程度は処理していましたが、それでもほかのみなさんとくらべたら、処理頻度は少なかったと思います。

 

彼から貰った脱毛器

ある日、彼が私にプレゼントを渡してくれました。
ウキウキ気分で箱を開けてみると家庭用脱毛器でした。
アクセサリーとか洋服かと思ってたら家庭用脱毛器で、ちょっぴり複雑な気分でした。
まあでももらったからには、興味本位で試してみることにしました。
静かな音で優雅に脱毛できるのかと思いきやけっこうの音、しかも抜くときの痛さといったら
涙が出るほどです。
私が痛みに弱いせいもあるのかもしれませんが、この痛みにこの先耐えなくてはならないのかと
思うと使うのをためらっちゃいます。
というわけで、しばらく使うことを止めていたら、我慢が足りないとお叱りを受けてしまいました。
「だったらあなたが使ってみなさいよ!」って心の中で思いましたが、世の中の女性のみなさんは美を得るために我慢をしているんだなあって思いました。
大変ですよね、女性って。

 

あれから技術も進歩して、痛みの少ない家庭用脱毛器もどんどん出ていることと思いますが、
あの頃のことがトラウマになって今も使う気になれません。
ただ、脱毛サロンだったらプロの技術で安心して任せられるかもと検討中です。
料金がリーズナブルなフェイス脱毛をする